top of page
スクリーンショット 2023-05-16 17.44.34.png

​外国人材を介護業界で有効活用するには?

介護の分業化を図る事です

​メンタルケア

サービス利用高齢者とのコミュニケーション能力を

必要とする業務は 日本人スタッフを中心に

​ハードケア

排泄・入浴・移乗・掃除などの体力を

必要とする業務は 外国人スタッフを中心に

ハードケアの補助要員としての活用

外国人材を介護業界に導入する限りは、最低限度のJFT-Basicという日本語能力はもちろんのこと、

「介護スタッフ」として、着替え・誘導・移乗・排泄・入浴・配膳・掃除などを『補助即戦力要員』

として、これらの行為がある一定程度の基準で行える事が必要です

外国人材が日本に働きに来る目的は、高い収入が一番の大きな魅力です。  

 その為には、少しでも多く残業をして手当の多い夜勤にたくさん入る事です。 

 特に手薄になる土曜・日曜や年末年始などは喜んで勤務に入ってくれます。

 この意欲を最大限に活用する事です。

      『座学』を中心に日本語だけを学んで、挨拶程度の片言の日本語が話せる事は

介護業界として役立つと思いません!!

 

「排泄介助」「入浴介助」「移乗介助」「誘導介助」「バイタルチャック」

「配膳」「下膳」「食事介助」「見守り」等の基本的業務をある程度行える事が重要です。

 

当機構と、「スリランカ」「インド」の大学及び送出し機関との間で、

「外国人活用」に関して、お互いwin-winの協力のもと協定を締結。

「初任者介護実務研修」レベルの教育プログラムを実施し、

この研修合格修了者のみを日本に向けて送出し、受け入れる事を決定しました。 

 

 

しかし介護にとって最も重要な「記録」や「報告書」については

N3レベルでも大きな課題が残ります。

 

人間の努力で、堪能な日本語能力を身につけるのには、5年10年の時間がかかるのは当然です。

その問題を解決していくために

「語訳機」「Chat GPT」の導入は欠かせないものになりますから

そのために必要なキーワードの介護単語の取得に注力を注ぐ指導。

 

実技としての介護指導を、動画や写真など活用しながらも

実際に疑似体験をし行為として反復訓練する事が最重要です。

​受入費用

​人材斡旋ブローカー等による高額な紹介料と初期導入費用やランニングコストを大幅に削減!!

スクリーンショット 2023-07-05 15.42.55.png
bottom of page